• TEL: (0823)25-5015
  • 助成金情報・人事労務に関する情報を社会保険労務士が徹底解説

 

「労務監査」とは、労働関係法を中心とする法令が社内で守られているか調査を
行うことです。監査といえば、法定の会計監査が知られていますが、労務監査は任意であり、これまで定期的に実施している会社は多くありませんでした。

 しかし、増加する社員トラブルや労働基準監督署(労基署)の調査に対し事前に
「問題があるのかないのか」「問題はどこにあるのか」チェックできる
リスク対策として注目されています。

 また各地方自治体で行われている指定管理者制度ですが、指定管理者の職員の労働条件や労働基準法や安全衛生法への対応が未整備な指定管理者があることが各地方自治体で取り上げられています。そんな指定管理者がある中で、自社の労務監査を外部へ依頼し、内部の視点の身だけでなく、外部監査として「労務監査」を行うことで未整備な部分への対応方法の伝達や、労務監査レポートを自治体等へ提出してもらうことが可能です。また、指定管理者選定委員会へのレポートを提出することにより、評価点が上がる可能性もあります。

 まずはお気軽にお問い合わせください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です