• TEL: (0823)25-5015
  • 助成金情報・人事労務に関する情報を社会保険労務士が徹底解説

助成金は返済不要

 助成金は国の施策を実現するために支給されるものです。助成金は返済する必要のないお金です。企業経営にとって大きなメリットとなり、経営の安定につながります。

助成金の財源

 厚生労働省関係の助成金は、会社が支払っている労働保険料の一部を財源としています。保険料を支払うだけでなく制度を有効活用しましょう。

どんな会社が助成金をもらえるか?

①労働保険の適用事業所であること
②労働保険料の滞納がないこと
③就業規則、出勤簿、賃金台帳など、法律で作成が義務づけられている帳簿を備えていること
④事前に計画の作成、提出等の手続きを行うこと

助成金と補助金の違い?

助成金活用のためのチェックリスト

助成金を上手に活用するために、一般的な事項ついて確認しておきましょう。
□下記の書類は整備されていますか。
 □労働者名簿
 □出勤簿(タイムカードなど)
 □賃金台帳又は給与明細など
 □労働条件通知書又は雇用契約書
□就業規則はありますか。
 ※労働者10名以上の場合、所轄労基署への提出義務があります。
□雇用保険の手続きは適正に行われていますか?
 □31日以上引き続き雇用することが見込まれる従業員で1週間の
  所定労働時間が20時間以上の者を、加入させていますか?
□社会保険(健康保険・厚生年金)の手続きは適正に行われていますか
 □1週間の所定労働時間及び1ヶ月の所定労働日数が正社員の
  3/4以上のパート・アルバイトを加入させていますか?
□労働保険料の滞納はありませんか。
□最近6ヶ月以内に、会社都合で解雇した従業員はいませんか?
□最近5年間において、助成金について不正受給をおこなったことは
 ありませんか。
□会社の役員に、過去5年間において他の会社で助成金の不正受給に
 関与した役員はいませんか。
□過去1年間に、労働関係法令違反により送検処分を受けていることは
 ありませんか。
□暴力団や風俗関係等関係事業主ではありませんか。

事業規模について

 助成金での中小企業とは、「資本金(出資の額)」又は「常用労働者数」のいずれかが下記に該当する会社のことです。どちらも超える場合は大企業となります。