• TEL: (0823)25-5015
  • 助成金情報・人事労務に関する情報を社会保険労務士が徹底解説

どんな会社が利用できるか

 仕事と介護の両立のための職場環境の整備に取組み、介護休業の取得・職場復帰又は介護のための両立支援制度を導入し利用があった会社に支給されます。

助成金の内容は?

 介護支援プランによる支援も規定し、周知し、次のいずれかの取組みを実施します、

介護休業取得時・職場復帰時

●介護休業取得時に必要な取組み

①上司等が対象者と面談後、会議支援プランを作成する(休業開始と同時並行でも可)
②プランに基づき業務の引き継ぎ等を実施する
③対象者が介護休業を同一の対象家族について合計14日以上取得(分割可)する

●職場復帰時に必要な取組み

①介護休業終了後、上司等とのフォロー面談を実施する
②対象者を原職等に復帰させ、雇用保険の被保険者として3ヶ月以上継続雇用する

介護両立支援制度

●必要な取組み
①上司等が対象者の制度利用開始日までに面談の上、介護支援プランを作成する。
②「所定外労働の制限制度」「時差出勤制度」「深夜業の制限制度」「短時間勤務制度」「介護のための在宅勤務制度」「法を上回る介護休暇制度」「介護のためのフレックスタイム制度」「介護サービス費用補助制度」のいずれかの制度を導入する
③対象者の制度利用中の業務体制の検討を実施する
④対象者が上記②のいずれかの制度を同意つんも対象家族について合計42日(介護休暇制度、介護サービス費用補助制度の場合は6ヶ月の間に一定)以上利用(分割可)する。
⑤制度を利用した期間(合計42日、又は介護休暇制度、介護サービス費用補助制度の場合は利用開始日から6ヶ月間)終了後、対象者を雇用保険の被保険者として1ヶ月以上継続雇用する。
※複数の制度の利用があっても、それらの利用実績の合算は不可
スポンサーリンク