• TEL: (0823)25-5015
  • 助成金情報・人事労務に関する情報を社会保険労務士が徹底解説

 最近、テレワークという言葉もよく聞かれるのではないでしょうか?働く場所や時間帯にとらわれない「テレワーク」導入を検討されている企業様も多いのではないでしょうか?テレワークには様々なメリットがある一方で、勤怠管理が難しいというイメージがあります。実際、どのように勤怠管理を行っていけばよいでしょうか?

 テレワークを導入すると、従業員が通常のオフィス以外で仕事をすることになりますので、企業側は、勤怠管理に関するルールの明文化、そして法律上労働時間の管理が義務化されていますので、ここの従業員の始業・就業時間などの記録が必要となってきます。近年は、勤怠管理ツールを使用した方法が主流となっています。

テレワークの課題は労働時間の管理

 テレワークとは、「在宅勤務」のほか、外出先でノートパソコンなどを使って作業する「モバイルワーク」など、場所や時間帯にとらわれない働き方の総称です。

従業員のワークライフバランス実現のため導入する企業が最近、増えてきています。

 もともと労働基準法では、働く場所に関する制限はありません。一方で同法では、事業者(会社)は従業員に対し、就業場所と時間の明示、そして従業員の勤務時間の把握を定めています。事業者の目の届かないテレワークでは、この方法やルールを決めておく必要があります。

効率的な勤怠管理はツールの導入を

 テレワーク勤務の従業員の勤怠管理方法には、メールや電話での報告のほか、近年は勤怠管理ツールも効率性の観点から注目されています。

従業員が外出先で自らスマホに打刻するものや、使用パソコンのアクセスログから出退勤時刻を記録するものなど、多くの種類があります。

なお、このような勤怠管理システムを使用する場合、労働時間の管理が可能となりますので、営業職などに導入される事業場外みなし労働時間制は適用できません。自社に最適に方法で、確実な勤怠管理を行っていきましょう。

クラウド勤怠管理システムの導入支援は当事務所へ

 助成金・給与労務手続きセンターでは、クラウド型勤怠管理システムの導入支援サービスを提供しています。

 貴社の現状にあった勤怠管理システムの初期設定や運用のサポートを行わせていただきます。またクラウド型勤怠管理システムがどういったものか、自社に合うのか、などの疑問をお持ちの方には無料相談・無料診断を行わせていただきますので、お気軽にご相談ください。

電話(0823)25-5015 平日9時~18時まで