• TEL: (0823)25-5015
  • 助成金情報・人事労務に関する情報を社会保険労務士が徹底解説

2020年4月から施行される改正労働者派遣法におけて、派遣元事業主には、派遣労働者等に対して説明義務が課されます。

○派遣元事業主は、①派遣労働者を雇入れたとき、②派遣労働者を派遣するとき、③派遣労働者から求めがあったときに、派遣労働者の待遇等に関して説明等をしなければなりません。

○派遣元事業主は、派遣労働者から待遇などに関する説明の求めがあったことを理由として、不利益な取扱いをしてはなりません。

派遣労働者を雇入れた時の説明義務

 派遣元事業主は、派遣労働者を雇入れたとき、あらかじめ文書の交付等により次の表に掲げる労働条件を明示するとともに、表中(2)に関して実施している措置の内容を説明しなければなりません。

派遣労働者を雇入れたときの説明義務事項

派遣労働者を派遣するときの説明義務

 派遣元事業主は、労働者派遣をしようとするときは、あらかじめ文書の交付等により次の表に掲げる労働条件を明示するとともに、表中(2)に関して実施している措置の内容jを説明しなければなりません。ただし、賃金等について労使協定に係るものについては除きます。

派遣労働者をはけんするときの説明義務事項

派遣労働者から求めがあったときの説明義務

 派遣元事業主は、派遣労働者から求めがあったときは、派遣労働者と比較対象労働者との待遇の相違の内容および理由と、派遣労働者の待遇等を決定するにあたって考慮したことなどを説明しなければなりません。

派遣労働者から求めがあったときの説明義務事項