• TEL: (0823)25-5015
  • 助成金情報・人事労務に関する情報を社会保険労務士が徹底解説

\設備機器導入・更新等に100万円!2020年度の勤務間インターバル助成金の受付が開始されました/正式名称は「働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)」というものです。勤務終了から、次の勤務の始業開始までに一定の休息時間(インターバル)を制度として導入することで、助成金が支給されます。

【支給対象となる取組み】

いずれか1つ以上実施してください。

1:労務管理担当者に対する研修

2:労働者に対する研修、周知・啓発

3:外部専門家(社会保険労務士、中小企業診断士など) によるコンサルティング

4:就業規則・労使協定等の作成・変更

5:人材確保に向けた取組

6:労務管理用ソフトウェアの導入・更新

7:労務管理用機器の導入・更新

8:デジタル式運行記録計(デジタコ)の導入・更新

9:テレワーク用通信機器の導入・更新

10:労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新(小売業のPOS装置、自動車修理業の自動車リフト、運送業の洗車機など)

※研修には、業務研修も含みます。

※原則としてパソコン、タブレット、スマートフォンは対象となりません。


【支給額】取組の実施に要した経費の一部を、成果目標の達成状況に応じて支給します。
対象経費の合計額に補助率3/4(※)を乗じた額を助成します(ただし次の表の上限額を超える場合は、上限額とします)。

(※)常時使用する労働者数が30名以下かつ、支給対象の取組で6から10を実施する場合で、その所要額が30万円を超える場合の補助率は4/5


具体的な額は、リーフレットをご確認ください。

申請受付は、2020年11月30日までです。例年、多くの申請があり、予算に達して期限までに終了してしまうこともありますので、ご検討は早めにされることをお勧めします。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000150891.html
#勤務間インターバル助成金 #助成金 #勤務間インターバル #助成金  #広島 #呉