• TEL: (0823)25-5015
  • 助成金情報・人事労務に関する情報を社会保険労務士が徹底解説

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、令和2年度の労働保険の年度更新の期間を延長することについて、厚生労働省から次のような案内がありました。

【申告期限の延長について】

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、中小事業主、個人事業主の方々が労働保険の年度更新(申告・納付)を円滑に実施する環境を整えるため、6月1日~7月10日までの40日の期間を6月1日~8月31日までの3月間の期間に延長する。(所要の厚生労働大臣告示も公布)

【労働保険料等の納付猶予の特例について】

〇新型コロナウイルス感染症の影響により、事業等に係る収入に相当の減少があった事業主の方について、申請より、1年間、特例として労働保険料等の納付を猶予することができるようになります。

〇特例が適用された場合、担保不要、延滞金もかかりません。

(対象となる方)

①新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること

②一時に納付を行うことが困難であること③申請されていること

(対象となる期間)

〇令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する労働保険料等について対象
※特例の実施については、国税に係る関係法案が国会で成立することが前提となります。


申告・納付が可能な事業所につきましては、例年通りの手続きで問題ありません。


#労働保険料申告期限延長 #労働保険料等納付猶予の特例#厚生労働省 #労働保険年度更新事務