• TEL: (0823)25-5015
  • 助成金情報・人事労務に関する情報を社会保険労務士が徹底解説

2019年度から施行された働き方改革関連法ですが、新型コロナウイルス感染症の影響により、対応に苦慮されている中小企業事業主の方も多くいらっしゃると思います。雇用調整助成金をはじめ、今までは助成金の制度自体も知らないし、よく分からないといった事業主の方もたくさんいらっしゃると思います。今回は、中小企業も使いやすい助成金を紹介したいと思います。

働き方改革推進支援助成金とは・・・

長時間労働やそれによる過重労働が問題視される中、労働時間の設定の改善を促進するため、生産性を高めながら労働時間の短縮等に取り組む会社が利用できる助成金です。

助成金の中にコースは、いくつかありますが、今回は、『勤務間インターバル導入コース』をご紹介します。

勤務間インターバルとは・・・

聞きなれない言葉ですが、2019年度より、勤務間インターバルの導入が企業に対して、努力義務化され、法制化されています。

勤務間インターバルとは、終業時刻から次の始業時刻までに一定の休息時間(インターバル)を会社の制度として設けることになります。

例えば、時間外労働が深夜までに及ぶ場合、次の始業開始までに一定の休息時間(インターバル)を設けることにより、従業員の心身を健全に保つことを目的とします。




助成金の対象となる会社

勤務間インターバル導入コースの助成金受給の対象となる会社は、次のいずれにも該当する会社が利用できます。

(1)次のアからのいずれかに該当する会社

勤務間インターバルを新規に導入する会社
既に休息時間数が9時間以上の勤務間インターバルを導入しているが、その対象者を事業場の労働者の半数を超える範囲に拡大する会社
既に休息時間数が9時間未満の勤務間インターバルを導入しているが、その休息時間を延長し、9時間以上とする会社

(2)すべての事業場において、交付申請時点および支給申請時点で、36協定が締結・届出されている会社

(3)すべての対象事業において、交付申請時点で、年5日の年次有給休暇の取得に向けて就業規則等を整備している会社

※(2)および(3)は、令和2年度から支給要件として、新規追加されています。そのため、助成金を活用されようとする場合は、先に36協定及び就業規則等の点検が必要となります。

助成金の対象となる取組み

助成金の支給対象となる取組みは、次のいずれか1つ以上を実施することが必要です。

労務管理担当者に対する研修
労働者に対する研修、周知・啓発
外部専門家(社会保険労務士など)によるコンサルティング
就業規則・労使協定等の作成・変更
人材確保に向けた取り組み
労務管理用ソフトウェア、労務管理用機器、デジタル式運用記録計の導入・更新
テレワーク用通信機器の導入・更新
労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新

原則とし打て、パソコン、タブレット、スマートフォンは対象外となります。



労働能率の増進に資する設備・機器等とは・・・

  労務管理用機器、労務管理用ソフトウェア、デジタル式運行記録計、テレワーク用通信機器の いずれにも該当しない、労働者が直接行う業務負担を軽減する、または生産性向上により労働時 間の縮減に資する設備・機器等の導入・更新が他私用となります。

★POS装置を導入し在庫管理の負担を軽減する(小売業)

★ 自動食器洗い乾燥機を導入し食器洗い作業の負担を軽減する(飲食店)

★成分分析計を携帯型のものに更新し作業場と事務所間の移動時間を削減する(製造業)

★ 入出荷システムを導入し入出荷と在庫管理を連動させ業務の効率化を図る(倉庫業)

★ ダンプカーを追加導入し待ち時間を削減することで時間外労働を縮減する(建設業)

★ 業務システムを導入し生徒の成績管理等の業務の効率化を図る(学習塾経営)

★美容機器を更新し複数の施術を1台で行うことで移動時間を削減する(美容業)

★3DCAD専用機を導入し作図に要する時間を縮減する(設計業) など

成果目標

会社が事業実施計画において指定したすべての事業場において、休息時間数が「9時間以上11時間未満」または「11時間以上」の勤務間インターバルを導入すること。

これを就業規則等へ盛り込むことになります。

助成金の額

以下の金額を上限に、取り組みに要した助成対象経費の合計額の補助率3/4または4/5が支給されます。

休息時間数新規導入適用範囲の拡大
時間延長
9時間以上11時間未満80万円40万円
11時間以上100万円50万円

今年度より、賃金額の引き上げと人数によって、上記上限額最大240万円が加算されます。

勤務間インターバル導入コースのお申込みは、こちらから

https://forms.gle/x7kMpmDqXZr8UkmBA

お問合せ:社会保険労務士法人スペース

電話:0823-25-5015(平日9時~18時)