• TEL: (0823)25-5015
  • 助成金情報・人事労務に関する情報を社会保険労務士が徹底解説

新型コロナウイルス感染症の影響により、経済活動への深刻なダメージを受けられている事業主の方も多くいらっしゃると思います。

補助金や助成金はほぼ毎年度募集されていますが、定番の補助事業に新型コロナウイルス感染症対策のための「特別枠」が設けられたほか、事業再開にかかる経費の補助いうような追加施策も導入されました。

また、新型コロナウイルス感染症対策に特化した補助事業も登場しています。

主なものをご紹介します。



「特別枠」が設けられた主な補助事業

ものづくり補助金

新製品・サービス・生産プロセスの改善に必要な設備投資を支援

通常枠上限:1,000万円・補助率:1/2
特別枠上限:1,000万円・補助率:2/3~3/4

IT導入補助金

ITツール導入による業務効率化を支援

通常枠上限額:450万円・補助率:1/2
特別枠上限額:450万円・補助率:2/3~3/4

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者が経営計画を作成して取り組む販路拡大を支援

通常枠上限額:50~150万円・補助率:2/3
特別枠上限額:100~150万円・補助率:2/3~3/4

ものづくり補助金(特別枠)、持続化補助金(通常枠)・(特別枠)では、業種別ガイドライン等に沿った感染防止対策の投資を行った場合、「事業再開枠」として最大50万円が上乗せされます。

「通常枠」と「特別枠」どちらで申請するか?

「特別枠」に該当する要件としては、共通しており、補助対象経費の1/6以上が「サプライチェーンの毀損への対応」「非対面ビジネスモデルへの転換」「テレワーク環境の整備」のどれかに合致することが必要です。

これらの新型コロナウイルス対策を行うことが可能であれば、優遇措置の多い「特別枠」で申請されることをお勧めします。

特に「ものづくり補助金」は、「特別枠」で不採択となっても「通常枠」で再審査されますので、まずは「特別枠」で検討されるべきかと思います。

ただし、整合性が崩れるような無理な計画変更は禁物です。

いずれの補助事業も「通常枠」「特別枠」の両方から補助金を受け取ることはできませんので、申請準備の早い段階から専門家に相談されるのがよいでしょう。

新型コロナウイルス感染症対策に特化した補助事業

新型コロナウイルス感染症対策に特化した補助事業は大きく次のようなものです。

●JAPANブランド育成支援等事業(特別枠)

●マスク生産設備導入補助事業

●アルコール消毒液生産設備導入支援事業