• TEL: (0823)25-5015
  • 助成金情報・人事労務に関する情報を社会保険労務士が徹底解説

小企業事業者の販路拡大等のための取り組みに対して補助される「小規模事業者持続化補助金」ですが、今年度は、コロナ対応が公募されています。

第4回までの申請は、終了しましたが、第5回目が公募されています。

申請期限

第5回目の申請期限は、令和2年12月10日(必着)となります。

第5回目が最後との記載もありますので、ご検討されている事業者の方はお早めに準備を進められることをおすすめします。

申請にはタイプがあります

申請には、通常の申請と、コロナ対応型の申請があります。

またコロナ対応型の場合は、①サプライチェーンへの毀損対応、②非対面ビジネスへの転換、③テレワーク環境の整備があります。

ご自身の行う取り組みがどれに該当するかで、申請するタイプが異なり、また補助金の額、補助率も変わってきます。

タイプチャート

申請について

申請については、郵送または電子での申請も可能です。電子申請の場合は、概算払い申請ができませんので、注意が必要です。

通常は商工会議所発行の確認書が必要ですが、コロナ対応型については、任意となっています。添付しないことでの審査への影響はないとのことです。